どうも!とろあ(@tohroa)です。
2018年8月17日に公開となった映画、銀魂2 掟は破るためにこそあるを鑑賞してきました!!…ので記録です。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、週間少年ジャンプで連載中の同タイトル漫画が実写映画化されたものですが、実写化に対する云々は今作が2作目ということで評判は良いようですね。

内容の特徴をザックリ説明すると「無茶苦茶(笑)」。
主人公坂田銀時を演じる小栗旬さんを始めとして、菅田将暉さん、岡田将生さん、柳楽優弥さん、三浦春馬さん、窪田正孝さん、吉沢亮さんなどなど多数イケメンが採用されており、CMで自分から言っちゃってる通り…ファンタのCMヨロシク「イケメンの無駄遣い」レベルになっています。

その他にも、千年に一度の美女として知られる橋本環奈さんや、中村勘九郎さん、堤真一さん、堂本剛さんといった豪華俳優陣も出演しており、登場人物とその演技に大注目の作品です。
特に「銀魂」という超コメディ作品の中で、「あの役者さんがこんな演技を?!あんな発言を?!!」と実写での楽しみも見どころでした。

監督 福田雄一さんとゆかいな仲間たち

前作からですが、個人的に「銀魂」という映画作品は、「福田雄一さんとゆかいな仲間たち」で楽しく作り上げられているように感じています。

福田雄一さんの有名な作品としては、「勇者ヨシヒコ」シリーズが有名ですが、佐藤二朗さんやムロツヨシさんは同作品に登場しており、堂本剛さんは「33分探偵」という作品で主演を務めていました。そういえば、こちらにも佐藤二朗さんは出演していましたね。

特に佐藤二朗さんとムロツヨシさんを筆頭に。福田監督好みの役者さん達なのか、福田監督を愛する役者さん達なのかが集まって、超面白おかしいコメディーアクションエンターテイメント作品として作り出されたのが「銀魂」という映画ではないでしょうか。

銀魂2の内容について

危うく映画そのものの内容について触れずに終えてしまいそうになっていました。

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は…面白かったです。

以上、というのは雑なのですが、1作目同様にどんな場面でもパロディやギャグを織り交ぜて笑わせにかかっている作品という感じで、まず「笑える作品」。
しかしただ「笑える作品」で終わる内容ではなく、後半になると気持ちの良い派手なアクションシーンなども織り交ぜられ、笑いの中に涙もあり、スカッと爽快な流れでエンディングを迎える展開となっていました。