どうも!とろあ(@tohroa)です。
タイトルの通り、今回は映画作品をレンタルで鑑賞した記録です。今回鑑賞した映画は勝手にふるえてろという作品です。

「勝手にふるえてろ」とは

映画「勝手にふるえてろ」は、2010年の第27回織田作之助賞にノミネートされた綿矢りささん作の恋愛小説作品を原作としたラブコメディ作品です。

2010年当時、ニュースなどで見て小説が気になりつつも結局読まずにきていたので、映像作品になって手を伸ばしてみたというのが正直なところです。

内気なのか、社交的なのかわからない主人公江藤良香(ヨシカ)

映画「勝手にふるえてろ」の内容は、松岡茉優さん演じる主人公江藤良香(ヨシカ)の幻想と現実が入り交じりながら展開していく恋愛ストーリーとなっています。

学生時代から思い続けている一人の男性「イチ」と、同じ会社の同僚「二」(正しくは霧島くん)。良香は「イチ」が好きだけど、自分に思いを寄せてくれる「二」に心が動いていく…ような流れなのですが…

「イチ」への思いが強すぎて、妄想したり、暴走したり、迷走したりと波乱万丈な展開!

良香は映画が始まったら早々に「絶滅した生き物」が好きなマニアックな女の子、という感じでスタートするため、友達もおらず、内気な女の子…なのかと思いきや?!

卒業してからあっていない「イチ」に合うためにあれこれと実行しちゃう行動派な一面も!

更に、「イチ」との再開を果たした後も、どんどんアプローチを続けていきますが……と、あとの詳細はレンタルにて。

落ち込んだり、奮起したり、奮闘する良香(松岡茉優)さんに注目の作品でした。

主題歌は黒猫チェルシーの「ベイビーユー」

映画「勝手にふるえてろ」の主題歌は黒猫チェルシーというグループの「ベイビーユー」という曲が採用されています。

また、黒猫チェルシーのボーカルは渡辺大知さんといって、映画内でも重要な「二」こと霧島役として出演されています。
役が先か、曲が先か…はわかりませんが、エンディングで流れた曲が気になって調べたら発見しました。

勝手にふるえてろの中では、少し間抜けだけど、一途で真面目な「二」を演じられていましたが、他の映画作品にも出演されているようですので、黒猫チェルシーの活動と一緒にチェックしてみたいと思います!