どうも!とろあ(@tohroa)です。
突然ですが、ロードバイク に乗るようになってから絶対に守ろうと決めたことがあります。

交通ルールを絶対に守る

ロードバイク乗るようになってから絶対に守ろうと決めたこと、それは交通ルールを絶対に守ろうということです。

「なんだ当たり前のことじゃないか」と思われるかもしれませんが、ぼくが決めたのは自転車はもちろん、車に乗っているときも、歩いているときも含めて、いつでも交通ルールを守る ということ。

特に歩いているとき

車で信号無視する人は少ないと思いますが、徒歩では見通しが良くて絶対に車が来ないとわかっていると赤信号でも普通に横断歩道を渡っている人をよく見かけます。もっと言うと、横断歩道に限らず車道を横断していく人もいるくらい。

ぼくが以前からそんな交通ルールを無視して行動していたわけではありませんが、横断歩道の青信号点滅で「もうすぐ赤になる」くらいのときは平気で渡り始めたりしていました。

ロードバイクに乗っているときにブレないために

ロードバイクに乗るようになり、交差点や踏切など、様々なところで意識して行動するように心がけています。

交通ルールを守ろうと意識するようになった理由は、ロードバイクに安全に乗り続けたいから。

ロードバイクは頑張れば結構なスピードが出ます。勢いに乗ってくると、信号で止まるのは煩わしく感じてしまうこともありますが、スピードが出る分、危険度が高まるのも間違いありません。

人生にロードバイクを取り入れた時点で、事故の可能性は高まったわけで…例えば全く車に乗らない人は、車で事故を起こす可能性はゼロです(巻き込まれることを除きますが)。

ロードバイクも乗らなければ事故する確率はゼロですが、乗れば落車や接触など、事故の可能性はゼロではなくなります。

周りの人たちに諭されたわけでもなんでもありませんが、ぼくの周りのロードバイクに乗っている人たちは、みんなしっかりと交通ルールを守って乗っているなということが感じられます。

楽しくロードバイクを続けるための大切なルールとして、交通ルールを守ることは不可欠であり、それを自転車に乗っているときと、乗っていないときで気持ちをブラしてしまっていると、いざというときに判断を誤る可能性が高いと考えているのです。

…ということで、ぼくはロードバイクに乗っているときはもちろん、乗っていないときも、いつでも交通ルールを守ることをロードバイクに乗るための誓約として続けていきたいと思っています。