大崎上島から大崎下島に渡り、とびしま海道をサイクリングしてきました!

どうも!とろあ(@tohroa)です。

昨日、大崎上島HAPPYライドという自転車イベントに参加した記事をアップしましたが、イベントの翌日は大崎上島から大崎下島に渡って、本州までのとびしま海道をサイクリングしてきましたのでまとめておこうと思います。

大崎上島明石港から大崎下島へ?

大崎上島から大崎下島へは、通常は明石港というところから向かいます。
通常は」と書いたのは、この日は明石港がエプロン工事のため、フェリーの発着が沖浦港という別の場所に変わっていました。

1時間に1本程度のため、フェリーに乗る場合はしっかり時間をチェックしていきましょう。
運賃は大人300円、自転車150円です。

大崎下島から一旦愛媛県へ!

沖浦港から大崎下島の小長(おちょう)港に到着すると、ゆたか海の駅とびしま館というお土産や食事ができる建物があります。
この日はまだ食事には早かったので、ボトルに水分だけ補給してサイクリングに出発しました。

小長港を出発すると、まずは東へ。大崎下島の東側には岡村島という島があります。
岡村島は愛媛県今治市になるため、橋をわたる途中に県境も!

県境をパシャリと撮影したあとは、岡村島の外周をぐるりと一周して、再び大崎下島へ。
大崎下島は北側の海岸沿いを通って一気に次の島、豊島に渡っていきます。

ランチを食べて、一気に本州まで走り抜ける

豊島に渡ったあたりでちょうどお昼だったので、しまcafeきたたにというお店でランチをいただくことに。
とびしま海道を走っている間、あまり食事ができる場所は見かけなかったため、しっかり食事を取りたい方は、見つけた時に入っておいたほうがいいかも知れません。

白黒はっきりした店構え。

牛すじカレーを頂きました。食事の提供は最近はじめたばかりで、カレーとピザの2種類のみ。
どちらも手作りで美味しかったですよ〜(^^)b

カレーで補給したあとは、ただただとびしま海道を走り抜けていきます。
豊島〜上蒲刈島。上蒲刈島では橋を渡るとすぐにトンネルがあり、トンネルを抜けると下り坂で爽快に突き進むことができました。

岡村島は一周しましたが、大崎上島〜本州までの間の4つの島では、上蒲刈島だけ南側を走ります。
どの島も橋の前後以外は基本的に平坦で、走りやすかったですね。

ただ、本州に近づくにつれて道路を走る自動車の量も増えていた気がします。

最後、下蒲刈島では渡ってすぐに北上、島の5分の1くらいを走ったら安芸灘大橋を渡って本州へ。
渡ったあとはすぐ近くの安芸川尻駅まで行って、この日のサイクリングは終了しました。

とびしま海道の走行距離

以上、とびしま海道のサイクリングでしたが走行距離は43.4km。
途中休憩を除くと、ぴったり2時間ほどのサイクリングでした!

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookページ
大崎上島から大崎下島に渡り、とびしま海道をサイクリングしてきました!
この記事をお届けした
とろあ.NETの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!