どうも!とろあ(@tohroa)です。
のんびり書いてたら一週間が過ぎてしまいましたが、7月2日、日曜日のロードバイク走行記録です。
週末は雨かなぁ…と思っていたなか晴れたので、急遽ノープランでの出発だったため、反省点も含めてまとめておこうと思います。

最初の目的地は呉市音戸町

広島市内の自宅を出発してからまず向かったのは、広島県呉市音戸町

音戸町には音戸うずしお温泉 汐音という温泉施設があり、近くの音戸大橋を渡って江田島方面に向かうこともできます。

江田島は以前にも訪れていましたが、行きも帰りもフェリーだったので、今回は行きは陸続きで行って、温泉に入って、フェリーに乗って帰ってこようというルート設定をしたわけです。

汐音までが初めての道だったので、迷ったりもしながらですが、なんとか目的地に到着。

11時ごろの到着で、お昼前のひとっ風呂を浴びてリフレッシュしました。

音戸大橋を渡って江田島へ

温泉を出発してからは音戸大橋を渡り、さらに早瀬大橋を渡って江田島へ。

昼食は途中コンビニのおにぎりで簡単に。
この日は暑かったので、食事も大切ですが、とにかく水分!!
たくさん汗をかく分、ものすごく喉が渇いてくるので、水分はしっかりと補給していました。

最後にしびれ峠という峠を通るルートを選択。
今回のコースはアップダウンが少なかったのですが、最後にこのしびれ峠を越えるのはなかなか大変でした。

「(広島市側宇品港に渡る)切串桟橋まで、最後の一踏ん張り!!」と思って力を出し切ったら、峠を下りた後もちょっとしたアップダウンが続いたので、完全に力配分を間違えた感じになってしまいました(>_<;)

事前のコース調査は大事!

今回のルートは冒頭にも書いた通り、当日思いつきで出発したルートでした。

そんな状態で走っていて困ったのが、分岐で頻繁にどちらに曲がれば良いか分からなくなったり知らないうちに間違ったルートに入っていたりという事態が発生したこと。

気付くのが遅れて、少なくとも総10kmくらい余分に走りました。
道を間違えると走行距離的な疲れに加えて、気持ち的にも疲れてしまいます。

6月3日の山賊までの走行時は、前日にルートをひたすら確認して、距離や分岐、アップダウンなどしっかり調査していたので、比較的迷うことも少なかったですし、何より間違ったルートに入ることがなかったので、事前調査の大事さを痛感しました。