ロードバイク、はじめました。〜楽しい自転車選び編〜

どうも!とろあ(@tohroa)です。
突然ですがロードバイクを購入しました!

MERIDA SCULTURA 400を購入しました

ぼくが購入したのはMERIDASCULTURA 400というロードバイク。

いろいろ調べていて、まずコンポーネントはシマノ105以上にしたいという思いがありました。(価格的にシマノ105が限界でしたが)

そのうえで、購入にあたってはロードバイクベストバイ2017という本を参考にしながら、じっくり検討。
エントリーモデルで候補に上がったのは、SCULTURA 400以外に2つあったのですが、他の候補と、SCULTURA 400に決めた理由を書き残しておこうと思います。

Cannondale CAAD12

一つ目の候補がCannondaleのCAAD12というロードバイク。
ロードバイクベストバイ2017の中では、レース向けエントリーモデルとして第1位に選ばれていた自転車です。

特にアルミフレームが大絶賛されていて、乗り心地がとにかく良さげなレビュー内容で、非常に興味深かったのですが…SCULTURA 400との決定的な差は価格でした。

SCULTURA 400が139,900円(税抜)に対して、CAAD12は190,000円(税抜)と50,000円の差。税込みだと20万円超えです。
始めてロードバイクを買う人にとっては、ただでさえ数万〜十数万円という金額に驚くのですが、20万円の壁は超えられなかったというワケです。

MERIDA SCULTURA 700

二つ目の候補はMERIDAのSCULTURA 700。SCULTURA 400より一つ上位のモデルになります。価格は165,000円(税抜)。
これも価格的には厳しい限りなのですが…

悩んだポイントとして、SCULTURA 700にはDT SWISS R24 Splineというホイールが標準されていて、SCULTURA 400はMERIDAオリジナルホイールとなっています。
DT SWISS R24 Splineは、MERIDAオリジナルホイールと比べて300g程度軽いそうです。
ロードバイクに取って重量は重要なポイントなので、少し悩みました。

しかし、個人的にSCULTURA 400が最終的に勝ったのは、価格でもホイールでも無くカラーです!

SCULTURA 400がアントラシート(グリーン×ブラック)に対して、SCULTURA 700はマットブラック×グリーンというカラーバリエーションがあるのですが、SCULTURA 400のややシルバーっぽいブラックを先に店頭で観て、気に入ってしまっていたためマットブラックを選ぶことはできませんでした(>_<)

ロードバイクライフのはじまりです!

ということで、楽しいロードバイク選びを終え、我が家にロードバイクがやってきました!

本を読みながら探していると、どうしてもよりイイもの(高いもの)が欲しくなってきます。
知れば知るほど、こだわりたくなってくるのですが…正直キリがありませんw

ぼくの場合、「とにかく早くロードバイクが欲しい!!」という思いもあって、割りとサクッと決められたと思っています。
選んでる時間も楽しいですが、乗るのが一番楽しいと思うので、これからちょくちょくロードバイクに乗っていきたいと思います(^^

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookページ
ロードバイク、はじめました。〜楽しい自転車選び編〜
この記事をお届けした
とろあ.NETの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!