伊勢神宮 仲見世通りで食べたグルメたち

こんにちは。とろあ( @tohroa )です。
昨日、伊勢神宮に初詣に行ったお話を書きましたが、ほとんど「行くまでが大変だったよ」という話で完結してしまいました。

今回は伊勢神宮の続き。仲見世通りで食べたものを書き残していきたいと思います。

仲見世通りの賑わい

昨日の記事で書いた通り、ぼくが伊勢神宮を訪れたのは1月5日と、連休明けで平日の昼間ではありましたが、やはり混雑はしていました。

関東でいうと、浅草寺前の仲見世通りの賑わいにも似ているように感じました。

とろあが伊勢神宮の仲見世通りで食べたもの

では、伊勢神宮の仲見世通りで食べたものをご紹介したいと思います。

伊勢うどんと手捏ね寿司

伊勢には、その名前が入った伊勢うどんというものがあります。
太めのうどんにダシの効いた甘辛い醤油がかかったうどんです。

おツユに浸っておらず、醤油がかかっているので、ちょっと辛そうなイメージをしてしまいましたが、甘辛さがちょうど良く、つるっと食べてしまえるうどんでした。

もう一つ、手捏ね寿司というものがありました。
伊勢に限るものではないようなのですが…ぼくは伊勢に来て初めて聞きました。

漬けになった刺身の魚が、酢飯の上に乗せられている…要は漬け丼ですが、魚も新鮮で美味しく感じられました。
下の写真はこの二つのセットでした。

汁かけご飯

上と同じお店で、奥さんが注文したのが汁かけご飯
簡単に書いてしまうと、出汁茶漬けのようなものなのですが、ぼくが行ったお店では、時期によってご飯の上に乗っかるものが変わるみたいで、今回頂いたのはトンボ鮪というお魚。

魚も美味しかったのですが、なにより出汁が非常に美味しくて、出汁だけで飲んでもイケるさっぱりとしていて、でもしっかりとダシの効いた味でした。

上二つをぼくが頂いたのは、野あそび棚という仲見世通りの端。内宮からは遠い駐車場近くにあるお店です。

うの花ドーナツとおとつふソフト

続いて、仲見世通りの中を歩いていて立ち寄って食べたのが、豆腐庵山中というお店のうの花ドーナツおとうふソフト

うの花ドーナツは、おからで作られたドーナツということです。
普通のドーナツより少し軽めに感じられますが、さほど差を感じることなく味わえる、美味しいドーナツでした。

おとうふソフトは、材料に豆腐と豆乳が含まれたソフトクリームです。

見た目は普通のソフトクリームですが、食べてみると豆乳に違い味のソフトクリームと行った感じ。
苦手な人にはちょっとキビしいかな?と思える味でしたが、ぼくとしては美味しく頂くことが出来ました。

豚捨の牛肉コロッケ

最後に食べたのが、豚捨というお店の牛肉コロッケ

食べ歩きのために購入すると、作り置きに見えるコロッケを渡されたので、「冷めているかな?」と思いましたが、しっかり暖かいのが嬉しかったですね。

衣はサクッとしていて、ソースも何もつけませんが、しっかりとした味のするコロッケでした。
肉だらけという訳でもないのですが、しっかりとしたお肉の味が感じられる、でも油っこくもない、とても美味しいコロッケでした。

肉も旨し、魚も旨し、他も良し

伊勢には、肉は近くに松阪があるので有名な松阪牛があります。そして、伊勢牛というのもあるそうです。

海が近くなので魚もありますし、牡蠣や海苔も。
そして名前の通り、伊勢海老もあります。

歴史ある町なので、老舗も多く、有名なところで言うと赤福など、和菓子も美味しいものがたくさんあって、伊勢神宮の仲見世通りには、様々な食材と歴史が集まっていて、いろんな食べ物が楽しめる場所になっていました。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookページ
伊勢神宮 仲見世通りで食べたグルメたち
この記事をお届けした
とろあ.NETの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!