とろあ( @tohroa )です。週末に千葉県松戸市にあるユーカリ交通公園という場所に行ってきました。

子どもが楽しく交通ルールを学べる公園

ユーカリ交通公園は、よくあるスベリ台やブランコなどの遊具が置いてある公園とは少し違います。

当交通公園は、子供達の交通事故をなくすため、交通ルール(きまり)を守りながら楽しく乗り物に乗って体験することを目的として設置されたものです。
(公園内看板より引用)

看板に書かれている通り、子供達が交通ルールを守れるようにと設置された公園内で、いくつかの乗り物を楽しみながら、交通ルールを学ぶことができる公園なのです。

遊べる乗り物

公園内ではいくつかの乗り物を借りて楽しむことができます。借りられる乗り物は以下。

自転車

自転車は、車輪の大きさが小さいものから大きいものまで、そして、保護者が運転を補助できる自転車、補助輪付きの自転車など、子どもの成長度合いによって色々な自転車を貸し出してくれます。

足踏みゴーカート

足踏みゴーカートは自分の足で漕いで動かすゴーカートです。

電動では無いので漕いで動かさなければいけませんが、乗っている子供達は一生懸命漕ぎながら、運転を楽しんでいました。
こちらは完全に一人乗りなので、一人で乗れるようになった子ども用ですね。

バッテリーカー

特に小さい子どもに人気だったのがバッテリーカーでした。

遊園地などにある100円玉を入れて乗るパンダの乗り物を小さくしたものをイメージして頂けるとわかりやすいと思いますが、コインを入れて一定時間バッテリーで動いている間楽しみます。

交通ルールを覚える場所

色々な乗り物があって楽しそうな場所ということは感じていただけたかと思いますが、改めて…
ユーカリ交通公園は交通ルールを学ぶ場所です。

上記であげた自転車と足漕ぎゴーカートは、公園内に用意されたコース内を走ることができるのですが、このコースには信号機横断歩道踏切などが設置されています。

実際に車や電車が走ってくる訳では無いのですが…
交通ルールを守っていなければ、園内放送ですごく怒られます!

赤信号で止まらなかった自転車やゴーカート、コースのはみ出しはもちろんのこと、横断歩道を渡るときに信号を守らなければ大人でさえ怒られます!!

念のため書いておきますが、ぼくは怒られてないですからね(笑)

しっかりと交通ルールを守って遊ぶ子供達に感動!

…かと言って、放送で怒られていることはあまり無く、保護者と一緒のお子さんもちろん、一人で乗り物に乗っている子どもも、赤信号でしっかりと止まって待っていました

うちの子どもはまだ2歳なので、交通ルールを理解するのは難しいですが、もう少し大きくなったら交通ルールを学ぶために、また利用したいと思える場所でした!

なにもかも全て無料で楽しめる

ユーカリ交通公園の利用は、入場から乗り物のレンタルまで、全て完全に無料です。

少しアクセスし辛い場所ではあるものの、休日は混雑しており、乗り物が順番待ちになることも多いですが、人気の理由がわかる公園でした。

子どもと一緒に出かけて、交通ルールを身体で学びながら遊べる公園。いい場所を発見です!