どうも!とろあ(@tohroa)です。
夏休みで実家に帰っている時に、ボーッとテレビを観ていると突然飛び込んできたのは「酢納豆がカラダに良いよ!」という情報でした。
カラダに良いなら…ということで、試してみたので感想です。

作り方は簡単。酢納豆

酢納豆の作り方はとっても簡単。普通に納豆を食べるのと同じようにパッケージを開けたら、タレの代わりにでも、タレと一緒にでも、お酢を大さじ1杯ほど加えて混ぜるだけ。

普段の数倍泡ができやすく、たくさん混ぜた方が良いとのことでたくさん混ぜてみたところ、たっぷりの泡が出来上がります。

作り方はたったこれだけ。
普段食べる納豆にひと手間加えるだけなのですが、これがとてもカラダに良いらしいのです。

酢納豆の効果は?

酢納豆の効果は絶大らしく、調べてみると書籍になっていたり、各方面の有名人が習慣的に食していたりととにかく絶賛されていました。

特に大きな効果として、酢に含まれる酢酸にも、納豆に含まれるナットウキナーゼにも、血栓を溶かしたり、血流を良くしたりという効果が含まれていて、その相乗効果が期待できる酢納豆は特に効果的なのだそう。

目の周りの血栓も溶かしてくれて、眼精疲労や視力回復にも効果が期待できるそうですよ!

個人的に、ぼくは普段PCを使ったデスクワークが中心のため、目の疲れが和らげは嬉しいな…と思いつつ酢納豆に挑戦してみることにしました。

正直得意な味では無かった…

最後に酢納豆のについての感想ですが…

残念ながらぼくとしてはあまり得意な味ではありませんでした…

納豆は普段美味しく食べていて、酢そのものの味は確かに得意ではありませんが…
酢の味でダメに感じている訳ではなく、納豆と混ぜた時にちょっと尖った味に感じるのがどうも苦手でした。

納豆3パックを3日間に分けて挑戦したのですが…

1日目。納豆にお酢を大さじ1杯と付属のタレを入れて混ぜて食べましたが、尖った味に苦手意識を感じました。

2日目。お酢の量を減らして小さじ2杯ぐらいで再挑戦。やや和らいだ気はしましたが、お酢の量では変わらないのか、やはり苦手な感じでした。

3日目。実はこの納豆自体こんな味だったっけ?と思い、お酢無しでただ納豆を食べてみました。
…結果は激うまでした。逆に、納豆ってこんなに美味しかったっけ?!くらいに美味しかったです。

味の感覚は個人差があると思います。ネットでサッと調べた感じだと、特に酢納豆が食べ辛いという評判もありませんでしたので、試してどうか確かめるののが一番なのですが、ぼくは苦手だっただけという感じですね。