どうも!とろあ(@tohroa)です。
先日RGユニコーンガンダム Ver.TWCを作り上げましたが、ユニコーンの次はやっぱりこれかな?!…ということで、今度はRGシナンジュを作成してみました。

パーツ数はなかなかの数。細かいパーツも多い

RGシナンジュのパーツはこちら。

なかなかのパーツ数でした。先端の鋭いパーツも多く、チクチクなりやすいパーツ達ですが、その分出来上がりのシャープさも際立ちますよ!

金色のパーツが眩しい

シナンジュのベースカラーは赤と黒と金色なのが特徴。特に金色と黒の組み合わせが、金色の存在感を更に引き立たせますね。

赤い彗星の再来と呼ばれるフル・フロンタルが登場するモビルスーツとして赤は外せませんが、アクセントに黒が入ることで金色も更に映える色合いになっているように感じます。

RGシナンジュの特徴

RGシナンジュは赤いパーツがグロスインジェクションとなっており、組み上げるだけで光沢のある質感に仕上がりに。
更に金色のエングレービングはメッキ加工で輝かしく、全身の質感に高級感が漂っています。

しかし、グロスインジェクションやメッキパーツは切り出し部分は光沢が損なわれてしまうため、ニッパーとゲート処理に気を使う必要がありました。
この辺りは後から塗装する方が強いんでしょうね。やっぱり。

その他にもバックパックはもちろん、肩や腰、足にまである各部のブラスターも細かなギミックで可動する辺りは、流石はRGシリーズという感じです。
可動する分、若干脆そうな感じもまた然りですが、RGのこのクオリティはやっぱりハマります♪

正直ガンダムユニコーンを観るまでは、「なんかサザビーっぽい機体」という印象だったのですが、作品を観て、赤い彗星の再来に触れた後、改めて見ると思い入れが大分変わりました。
フル・フロンタルの操るシナンジュの機動性、活躍するシーンなどを思い出しながら、いろいろとポージングもしてみたいと思います。