書評 絶対失敗しない住まいの不安がなくなる家・マンションの話 | うだひろえ

とろあ( @tohroa )です。
うだひろえさんの著書絶対失敗しない住まいの不安がなくなる家・マンションの話を読みました。

住宅購入や買い替えを考えている人にわかりやすい本

絶対失敗しない住まいの不安がなくなる家・マンションの話では、住宅購入を考える際のローンの考え方や、要チェックポイントが書かれていました。

住宅を買う時から売る場合を想定して物件を選ぼうというお話や、中古物件を買う前に確認したい点など、漫画で書かれているので、読みやすくてイメージし易い内容になっています。

住宅を買った後のことをイメージしよう!

住宅を購入する前に考えるべきこと、それは買って実際に住んでいる自分を想像すること
モデルルーム見学の際に目がいってしまいがちな、最新設備やお値段は極端に言えばおまけです

金額は重要な要素ではあるのですが…
安い家で妥協して住み替えとなってしまうのも残念ですよね。

もちろん、最初から買い替えを意識して金額を抑えるのも一つの考え方。金額は抑えて良い中古物件を探したい…そんな時にもこの本は役に立つでしょう。

手放す時のことを考えよう

この本の中で冒頭に資産価値という言葉が出てきます。

購入する家、あるいは購入済みの家の価値のことですが、この本の内容によれば、様々な要因で下がるということが学べます。

  • 新築物件も買った途端に中古物件。
  • 日当たりや景観
  • 駅からの距離や周辺環境
  • 管理体制や住人のモラル

など。いろんなところをチェックすることで、現状を把握することが出来ます。

これらの内容を考慮して算出されるのが、住宅の資産価値。
これが大きく影響するのが、住宅を売りに出す時です。

上記の内容は、上で書いた通り実際の物件で見るべきところを見ればわかってしまうので、中古物件として出す時の金額に影響してきます。

中古物件を売りに出す側としても、買う側としても、十分にチェックしたいポイントです。

特に売りに出すことを考えている人は、普段から気を付けたいところですね。

本の総評と、とろあの考える住宅購入で大事なこと

住宅購入・買い替えに関して、建て物の確認すべきポイントや、購入前に考えておきたい住み方・売り方
これらは、住宅を購入するにあたって、もっとも大事なポイントだとぼくは考えます。

そこに住んで何がしたいのか、どんな日常が想像出来るか。
そのためにはどんな住宅を選べばいいのか。また、そんな夢のライフプランを崩さないためにも、住宅購入時どんなところに気を付ければいいか。
そんな内容に重点を置いて、この本絶対失敗しない住まいの不安がなくなる家・マンションの話は書かれていると感じました。

逆に、住宅購入を考える時に大事な要素である、物件価格やローンの組み方、税控除などについては、あまり深く書かれていません

ぼくなりの解釈ですが、住宅購入にあたって一番大事なのは、やはり住む本人の使い勝手だと思います

営業の勧める最新の設備は、自分の理想の暮らしに本当に必要なのか?
周辺環境は自分や家族にとって満足出来る条件か?

などなどを十分に確認した上で、やっと金額と相談だと思います。
予算内かも知れませんし、少々高くても理想的にぴったりハマった住まいが見つかるかも知れません。

人生で一番の買い物とも言える住宅購入だからこそ、自分にとって納得出来る条件の家を、根気よく探して購入することをお勧めしたいです。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookページ
書評 絶対失敗しない住まいの不安がなくなる家・マンションの話 | うだひろえ
この記事をお届けした
とろあ.NETの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!