とろあ( @tohroa )です。
木村聡子さんのあなたの1日は27時間になる。という本を読んでいます。今回は4週間プログラムの2つ目の工程、WEEK2の取り組みについて。

1週目は時間確保。2週目は時間管理

前回書かせて頂いた、4週間プログラムの1週目の内容は、朝や就業後の時間をうまく確保するための取り組みでした。

前回の記事はこちら。
http://tohroa.net/book_review/124/

2週目はもう一歩踏み込んで、確保した時間をどううまく使っていくのか。そのためには、こんな方法がありますよといった内容になっていました。

ちょうど先日、ぼくはフランクリン・プランナーという目標も時間も管理出来る手帳を購入していたので、そちらの手帳をツールとして活用しながら、時間をうまく使っていきたいと考えています。

フランクリン・プランナーについて書いた記事もリンクしておきます。
http://tohroa.net/life/172/

1週目の実践成果は?

今回、4週間プログラムの2週目についての記事ですが、1週目についての実践成果についてもお伝えしておかなければならないと思います。

1週目は大まかに書くと…

  • 朝の早起き
  • 夕方の早上がり(定時上がり)
  • 質の良い眠りの確保
  • 周りへのアピールとモチベーションの確保

などがありました。

早起きして時間確保

早起きは前回も書いた通り、通勤の関係で必然的なところもあるのですが、そこそこ実践できたかと感じています。
休日少しゆっくり目になりましたが、それでも7時半くらいが最遅だったと思います。

早起きをして何かをすると、よく頭が回って、いろいろとこなせたと思っています。
ただ、実際の仕事はここではしませんでした。

手帳の整理とか、ブログ記事を考えたり、腹筋をしたり、毎日続けたいことを、朝早い時間に済ましてしまうようにしていました。

睡眠の質向上

1週目の実践の中で、特に効果的に感じたものがあります。

それは、あなたの1日は27時間になるの中で紹介されていたスマホアプリである、Sleep Meisterを使った睡眠の改善です。

Sleep Meisterを起動して眠ると、深い眠りと浅い眠りを検知してくれて、目覚ましとして使用すれば「眠りが浅いタイミングで起こしてくれる」ことが出来ます。

これがなかなか気持ち良く、眠りの浅いタイミングで起きることで、目覚めが良く、朝の行動も開始しやすくなったのです。

Sleep Meisterアプリのダウンロードはこちら。

体調管理も大事

4週間プログラムの1週目について書いたのが1月30日と、1週間以上空いてしまいました。

実は、この間に少し体調を崩してしまい、一時的に生活リズムも崩れてしまっている状態になってしまっていたんです。

体調を崩してしまうと、いろいろな取り組みが崩れてしまうので、思うように実践出来ず、仕事も趣味も家族との時間もバランス良く取れなくなってしまいます。

そうしたことから、体調管理も重要なポイントだなぁ…と感じたということも付け加えておきたいと思います。
かといって、体調を崩してしまうことは誰にでもあることですので、体調が悪い時には無理をせずしっかり休むことも忘れらないようにしましょう。